2018年7月17日火曜日

文字によるボクシングアドバイス

素人ですがシャドウを始めました 投稿者:山田太郎 投稿日:2018年 6月 1日(金)13時15分

皆さんこんにちは山田太郎です。
サンドバックさんの助言を受けシャドウを始めてみようと思い立ったのが数日前の事です。
完全に素人の見様見真似なので見苦しいとは思うのですが変な癖が付いたら駄目だと思ったので早目に動画を撮ってみました。
サンドバックさん、図々しいですがアドバイスを頂けませんか?

後、服装が非常にだらしないですが動き易い服装がこれしか無かったからです、許して下さい。



(無題) 投稿者:サンドバック 投稿日:2018年 6月 1日(金)16時43分

初心者にありがちな現象、「打ち止め」がありますね。

パンチが伸びた時にピタッピタッと止まるんです。
ジャッキーチェンがこれをしているのですが、打撃系の格闘技では厳禁ですね。

ただ私が教えた12名のうち、4人はこの現象がありました。
特別に悪い事ではなく、意識すれば必ず治ります。

実ボク同様、「打ち止め」のないパンチを打てるようになりましょう。

あと、パンチが初心者とは思えない位、多彩です。
まずジャブとストレートだけにしましょうか。

例えば薬師寺保栄はワンツー以外のパンチを打たずに日本チャンピオンになっています。
本人の著書に書いてあり、確認のため二試合見たら本当にワンツーのみでした。

構える、ジャブ、構えに戻る、ジャブ、構えに戻る、半歩下がる(相手が打ってきたことを意識して下がる)
ジャブ、ストレート(半歩前)、構えに戻る、ジャブ…

これを全部、あごを引いた状態でできるようになってみましょう。
がんばってね。



ありがとうございます 投稿者:山田太郎 投稿日:2018年 6月 1日(金)17時16分

的確な指導ありがとうございます!一週間位したらまた撮ってみます。ワンツーのみで日本チャンピオン...脱帽ですね...



(無題) 投稿者:山田太郎 投稿日:2018年 7月15日(日)18時14分

最近、シャドーの時にジャブを速く打つコツが少し掴めて来たと思うのですが、速く打てた時は大抵、肘の辺りからポキッと音がします。
どんな準備運動をすればいいのでしょうか?



(無題) 投稿者:サンドバック 投稿日:2018年 7月16日(月)20時53分

>速く打てた時は大抵、肘の辺りからポキッと音がします。

私も同じような症状がありました。
早いし楽だし最高!と思ったのも束の間でした。

肘の痛みが固定して、ジャブの打ち方はそれ以降変わってしまいました。

拳の戻しを骨(関節)に頼っていて、筋力で戻していないのが原因だと考えています。

ただ恐らくリックをはじめ動きながら打っているようなジャブの名手は
拳の戻しを関節の負担で戻しており(勝手に戻るイメージ)、
筋力で戻す意志を必要としないため、より足回りや防御意識に割けるというか…。

これは私は充分に試す前に痛めてしまったのですが、
あの打ち方の時はその片鱗を感じられました。

以降の私のジャブは実ボクのジャブです。
恐る恐るの探り針、右に繋がるか、相手の重心を壊すか。

切れを追求しないジャブとなりました。

山田さんが肘を痛めてしまうようなら、その打ち方からは諦めるべきだし、
この辺りはそれぞれの肉体に起因する「感覚」も大事だと思うので試行錯誤してみてください。
(準備運動に関しては私自身あまり重視していませんでした。)

私が教える場合、
どんなトレーニングも「痛み」が継続してしまうようなら長くやるべきではないと指導します。

「痛み」は打ち方やフォームや考え方、意識を壊します。
痛くない範囲の中で鍛えていく事が長く戦うコツだと思っています。
(甘いと言われるでしょうが…)



(無題) 投稿者:山田太郎 投稿日:2018年 7月16日(月)21時57分

いつも適切な助言ありがとうございます。
まさにその拳が勝手に戻る感じです。
今の所、特に痛みはないですが、もし痛める様な事があれば戻しをしっかり意識しようと思います。


2018年7月14日土曜日

接続できない状況からの復旧

7月12日から突如としてネット対戦できなくなり、ランキング表などのcgiも閲覧できなくなった。(報告してくれた五色七彩さんに感謝!)

ローカル接続してある開発機からはcgiが閲覧できるので、外部からの接続を取り仕切るDNSサービスが原因と推理。

長年使ってきたDNSサービス「ieサーバ」の様子は特におかしくなく、ネット上にも不具合情報はない。
別のDNSサーバ「mydns」と新規契約し、外部から接続を試みたがmydns経由でもcgiの閲覧ができない。

外部(スマホをLTE接続)からジムサーバのipアドレスを直接入力しての閲覧にも失敗、DNS以外が原因だと判明。

(うーむ…)

(最近パソコンの接続関係で変化した事と言えば、ipv4からipv6への移行…?)

枯渇しつつあるipアドレス問題の解決としていずれは必要な移行であり、無料でやってくれたプロバイダに感謝していた移行だった。

しかし、移行は数か月前、今になって接続障害と言うのも腑に落ちない。

ipv6の説明サイトを見ると…

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

「IPv6オプション」で利用できないサービス

  • BIGLOBEフォン/固定IPアドレスオプション/ダイナミックDNSサービスは、本サービスと同時にご利用いただけません。
  • 『一部通信型ゲームなど、特定ポートを使用するサービス』『複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービス』など
  • 利用可能なポート番号、ポート数に制限があります。外部へサーバ公開をお考えの方はご利用できません。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

(これか…!)

早速、プロバイダbiglobeのサポートに電話すると、自宅サーバを運営しているのであればipv4へ戻す必要があるとのこと。
どんなことでも後退するというのは残念だけど仕方ない。

ipv4に戻す処理をしてもらい、ルータの設定(192.168.1.1をアドレス欄に入力して設定画面を開く)をサポートに聞きながら完了。

これで外部からcgiの閲覧ができるはず、と恐る恐る外部から公式HPのリンクをクリックすると、…cgiの閲覧に失敗!

(変化なし!?)
(ipv6からipv4へ戻したのは無駄だったのか?)と愕然。

思い直して、ipアドレスを直接入力するとすると、…見れた!

となると、やはりDNSに問題があるようだ。(DNSとはipをアドレスに変換するサービス)
新規に登録した「mydns」経由で閲覧すると、…見れた!

ならば、長年使ってきたDNS「ieサーバ」とお別れし、「mydns」にすれば復旧できるということだ!

復旧への道が見えてくると、気持ちにも元気が出てくる。
公式HPと実ボクのプログラムソースの中にある「sbagcity.jpn.ph」を「boxinggame.mydns.jp」に置き換える作業もスイスイだ。

実ボクの古い版との互換性は切れてしまうが、ネット対戦できないよりずっとまし。
最新版3.72をサーバにアップ、フリームベクターにも更新依頼。

とりあえず、タイムリミット(明日以降は仕事)ギリギリで復旧できたことに達成感はありますが、ユーザーそれぞれが最新版に更新しないとネット対戦できないので、一時的にユーザー数は減ってしまうと思います。

が、実ボクの運営は終わらなかった。
これがなにより嬉しい…。


この二日間、何度か(諦める時が来たのか)と折れそうになりましたが、掲示板に五色さん、山田さん、duaneさんが励ましの書き込みをしてくれて乗り切ることができました。

ありがとうございました!

追記…更に五色さんがすぐさま入室、ネット対戦が無事に完走し、結果がcgiにより正常に記録できる事も確認できました。感謝!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

結果として原因はなんだったのか。

  • ipv6への移行
  • ieサーバによるipとの関連付け

このふたつが同時に発生したのだろうか…?

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

関連記事

サーバ停止のお知らせ
実ボクスパ天が終わるとしたら…
dyndns、無料サービス終了
実写でボクシング 新サーバ追加プロジェクト
ジムサーバの速度維持について覚書
正しくダイナミックドメインがipと関連付けされているか、確認する方法

2018年7月11日水曜日

実ボクユーザーのフリーソフト遍歴

(ふぐり山さんツイート)

今日になってPCゲーム「歴史隆々」の作者さんのツイートを発見してはじめて知ったんだけど、開発から完全撤退されたんだ。

この「歴史隆々」っていうゲーム、ジャンルは歴史シミュレーションなんだけど、自分は一切操作せず、CPUが勝手に操作する箱庭世界の国の興亡、戦いをただ眺めているだけっていうゲーム。(というよりシミュレーターに近いのかな?)

他の歴史ゲーにありがちな天下統一したら終了じゃなくて、そこからまたその国が衰えていって滅んで、再び動乱の時代になって、また統一され…。内乱もあり、後継者争いもあり…。
という、まさに栄枯盛衰、諸行無常を感じられる素晴らしいゲーム。

人はかなり選ぶんだろうけど、歴史好き、シミュレーションゲーム好きからしたらたまらなく好きだった。
貧乏性の自分がわざわざ有料版まで買った数少ないPCゲーム。


自分がこれまで有料版を買ったPCゲーム


あとなんかあったかな・・・?

フリゲだけど


この辺りは金払ってもいいくらいやったかも

こうやって見返したら実ボク以外シミュレーションゲーばっかやな自分w
OOTP忘れてた。これもシミュレーションw


(UMEさんツイート)

らんだむダンジョンもいいっすよ


(ふぐり山さんツイート)

ダンジョンRPG系はネフェシエルとかイストワールとか昔よくやってました。らんだむダンジョンは名前はよく聞くけどやったことないので今度やってみようと思います!


(ビョークさんツイート)

実ボク界隈でフリゲの話題出てるので、自分でも思い出に残ってるゲーム挙げてみる。


特にCresとココシミュ3は中高時代の思い出。
ココシミュ3は、プレーヤーの皆さんでセーブデータ持ち寄って大会開いてたぐらいだしね。自分のチームは野手育成下手すぎて打てなかったけどw


(ふぐり山さんツイート)

こうやって見るとまだまだ自分の知らないPCゲーがたくさんあるなぁ。Ozawa-Kenなんてひっさびさに思い出せてなんか感無量w すげー懐かしいw


(五色七彩さん掲示板)

歴史隆々は私も大好きでいずれ有料版を買おうと思っていたので、撤退はとても残念でした
もう完全版を手に入れる術はないのでしょうかねぇ…

私は歴史隆々や箱庭小相撲のような放置ゲー・箱庭ゲーが好きなのですが、需要がないのかフリーではなかなか無いのが悲しいところ
寝る前に起動して、朝起きたら新しい歴史が紡がれている。歴史を行く末、一族の系譜を傍観する楽しみは共感されにくい物なんですかねぇ

皆さんが挙げられているゲーム以外には「生態系シュミレーション」というソフトは好きですね
ずっと見てられます


2018年6月18日月曜日

ふぐり山さんが私に勝ち越し!

実写でボクシングでは、新人さんはデビューしてしばらく負け続ける辛い時期が続く。

これは対戦型ゲームの宿命だと思う。(実ボクではグローブハンデで実力差を緩和する仕組みがあるが、完全な解決策になっているとは思えない)

ふぐり山さんはデスジャンプさん全盛の時代にデビュー、「アクションゲームは苦手」と語る彼はそりゃ負け続けた。

対戦後にはよくチャットをした。

プログラミングにも興味があり、大好きな相撲のゲームを作る夢を語った。
いざこざがあった時も常に客観的な立場から意見でき、いつの間にか皆から信頼されていた。


ただ、肝心のネット対戦ではやや弱気な面があり、逆転負けが多かった。
なかなか勝ち星が増えず、大きな連敗も目立った。

それでも彼は戦い続けた。

カウンターが抜群なわけでもない、ボディ突破が巧みなわけでもない。
ピンチを凌ぎ、読み合いの中で優位を得ていく地味なスタイルは変わらない。

やがて「バランス」という代名詞が、彼にピッタリとフィットしていく。


時間が合うため、私とはよく対戦した。

(あれ?今日も負け越したか)

いつの間にかちょっとずつ私が負けるようになっていった。


そして…

ふぐり山さんがデビューして3年…。
ついに私との直接対戦戦績を勝ち越しに!

これはとても嬉しい通過点だ。以下、ふぐりさんのツイートを転載。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

実ボクを始めて3年弱、1118戦かかってついに会長との通算対戦成績が五分に到達!
その直後のスパーで勝ってついに勝ち越し!

3年分の思いもあって感慨深い。。。



でもこうやってログを見返すと3年弱の中で通算100戦以上した人は14人、
1000戦以上対戦した人はたった5人!貴重な出会い。

僕の中での会長は、UMEさんやビョークさんみたいに圧倒されるような感じではないけど、
修正能力が高くて大勝ちできない、大事なタイトルで勝てない、厄介な相手というイメージです。

この貯金をキープできるよう頑張ります!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

かつて記した「実ボクサーが成熟する確率」。

ふぐりさんはこの記事執筆以降に参戦し、見事成熟してくれました。
本当に嬉しい…!


今後も新人さんが来てネット対戦で私に勝ち越すという感動が起こるだろうか…?
山田さんの姿、彼が私にとっての希望である!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ここから私とふぐりさんとの戦いは「第二章」と言えます。
どれだけ盛り返すことができるか…?

燃える!


関連記事

実写でボクシングの難易度

2018年5月15日火曜日

新人さん紹介キャンペーン

ボクシングゲーム「実写でボクシング」のネット対戦をもっと盛り上げたいと考え、新人さん紹介キャンペーンを開催します。

実写でボクシング(以下、実ボク)は、Windows用のフリーソフトで、2004年には HSPプログラムコンテストで最優秀ゲーム賞を受賞、その後100円ショップダイソーで販売されました。

現在は無料で配布されています。(ダウンロード


紹介者がスパー天国に新人さんを連れてきて頂けたら、紹介者と新人さんにボクシングマガジン(中古本)を贈呈いたします!



紹介者の条件

  • ネット対戦の場で100勝している
  • 国内に住んでいる


新人さんの条件

  • 実ボクをやるのが初
  • 国内に住んでいる
  • ネット対戦で10勝する

開催期間

2018年 5月~

2018年4月24日火曜日

第二期 ボク街初代王者 オーディン 誕生の流れ

何気なくアップしたネット対戦動画にアドバイスが集まり、オーディンさんはボク街チャンピオンになりました。

その流れを掲示板書き込みより転載したのでご覧ください。



スパー動画アップ! 投稿者:サンドバック 投稿日:2018年 4月20日(金)10時29分

オーディン vs duane



初回からオーディンマシンガンが北の雄duaneのボディを貫通する。

2R、耐えるduaneだが、ヘロスト誤発射により更にボディ蓄積。

3R、オーディンが物語を締めくくるべく攻め続ける。
が、背を丸めながらも、…duaneは逆転を諦めていなかった!

ボディ貫通後にどう戦うか、これは勝率に関わるという事実以上に、ドラマチックな勝利で「やった!」とガッツポーズが出るというか…。

ボディ貫通後の戦い方、諦めるという選択しかないと考えるのはもったいない!



動画観ました! 投稿者:ビョーク 投稿日:2018年 4月21日(土)00時43分

題名の通り動画見てみましたが、duaneさんナイスガッツですね!
3Rにダブルからアッパー入れて反撃の糸口をつかむと、そこからボディ連打に合わせてのフック2連発。


そのときのフック直撃後にストレートじゃなくてフック選んだあたり、冷静だなぁと思いました。
(自分だったらフック直撃の時点で勝手にストレート打ちに行って、ヘロって自滅しそう^^;)
そして、4RもBジャブ連打の隙を逃さずフックを決めて、勝負あり。
Bジャブへのフックは、高原くん相手ならともかくネットだと難しいイメージがありましたが、自分も連打タイミング狙ってみようかな…?

オーディンさんについてはちょっと厳しいこと言わせてもらうと、3Rのボディファーストヒット後に、duaneさんが思いっきりボディ警戒してるにもかかわらず、ボディ攻めにこだわりすぎて迎撃フックを2回ももらってしまったのはもったいなかったなぁ、と。

自分がボディ攻めをやりきるのが苦手なせいか、ああいうボディダメージのある場面見てると、
「3R頭の腹筋が長くなったところでシンプルにストレート打って揺さぶりたいなぁ」とか
「4R入ってからダッキング増えてきたし、頭下がったところアッパー狙ってみようかなぁ」とか、
ボディを抜ききることより顔面への速攻に切り替えて崩しに行くことを考えてしまいますが、そういうプレーヤーは少数派でしょうか?(笑)

いずれにせよ、いろいろ考えさせられるスパー動画だったと思います。
お二人ともお疲れ様でした、いい勝負だったです!



ボディ攻め 投稿者:サンドバック 投稿日:2018年 4月21日(土)06時11分

ボディを攻めるのは、実ボクの総合力が試されると思います。

どこまで攻めるかは自分の疲労具合や残り時間と相談しつつだし、クリンチゲージの調整、インターバルの回復量に関しても高いレベルの知識と決断が求められる。

更に「失敗を恐れない度胸」といった、性格的な適性もあるような気がしています。

歴代だと、武のん、ahaさん、オーディンさんらはボデラーとしての適性が突出しているかと。
羨ましい適正です!


しかし、先日のビョークさんの理詰め解説の書き込み…。
感心させられました。

私的には「死んだふりduane爆発!」みたいなざっくりした感想だったので、その深さに驚きました。
同じ動画に色々な感想、深みが増していく…!

皆さんも書き込みしていただけると嬉しいです。

動画をアップした私からのメッセージとしては、「ボディ蓄積しても、諦めるのはもったいない」です。
将来に渡って伝わったら嬉しいです。



(無題) 投稿者:duane 投稿日:2018年 4月22日(日)19時14分

勝負に負けて試合に勝ったようなダメスパーですが、取り上げて頂きありがとうございます。
見直すと、未熟な面が目立ちお恥ずかしい限りです。

このスパーで誇れるところがあるとすれば、ボディー貫通後に意識して実行した下記2つぐらいですかね。


  • ダッシュクリンチ(1回成功させて満足してその後忘れてしまいましたが・・・)
  • 打たれ慣れを解消するためのBジャブ


目立ちませんが、逆転の為には必要な布石かもしれないなと思っています。
ま、それ以上に大事なことあるだろってリプレイ見ながら自分に突っ込んでいますが。


ボディー攻めるセンスがある人が羨ましいです。

圧力をかけ、疲労しない正確なBジャブを、テンポ良く、相手のウラをかいて、潰されずに、まとめて打てる、っていうのが必要条件かな。

私もボディー打ち抜きたいんですが、すぐに顔面にちらしてお茶を濁すビョークさん派です(笑)
しかも倒しきれずに両方回復されることも多いという・・・まさに総合力が問われますよね~。



長くなったけど感想 投稿者:UME 投稿日:2018年 4月23日(月)01時53分

動画見ました。自分も人のリプレイ動画見てぶっつけで喋る感じの動画撮ろうかなーとか思ってたんですが、やっぱり人の試合見るのは面白いですね。

麻雀は「後ろから見て少し下手に見えたら互角」なんていいますが、人のプレイを見ると自分がやってるときより色々なことが見えたり、考え方を整理できたりするのでオススメですね。

感想としては、ざっくりいうと


  • オーディンさんは優勢になってからはフェイント(特にBジャブフェイント)をもっと使うべきだった
  • duaneさんは大きなミスというよりは、細かいミスが積み重なってピンチになっている


というところかなーと思います。

1Rから激しい打ち合いですが、duaneさんのプランが少しぼやけているのが目に付きました。
オーディンさんは手数重視ボディ重視で、Bジャブの手数で圧殺する狙いをメインに攻めて来ています。
これは守備側の反撃に先出しBジャブをカウンターヒットさせるのが一番リターンが大きく、そのためには間合いを詰めることが必須です。
R中盤まで互角の打ち合いですが、オーディンさんの注文に乗ってしまっています。ストレートの間合いを作るような動きを狙いたかったところです。
具体的には顔面ジャブガード戻し“だけ”やるのが有効だったと思います。Bジャブと顔面ジャブを同数打ち合ったら顔面ジャブが有利です。二発カウンターヒットすればストレートの間合いも作れますし。
あとは腹筋で待ってBジャブ見えたら下入れっぱ強打でBフック最速返しも、過激ですが有効です。Bジャブ2連打によく刺さります。

R終盤はduaneさんの細かいミスが全部アダになった展開です。
ストレート返しが完全に間違いなわけじゃないけど、ちょっとリターンを求めすぎた。
押しっぱストレート連打もダメではないんだけど、直前にBジャブで潜られているのを頑張って確認してボタン離すべきだった。
バックステップが2秒早い。ギリギリまで顔面ジャブ先出しで無理矢理発生を潰して、ダッシュ追いかけBフックが間に合わないタイミングまで粘ってバックステップするべきだった。
全部完全な不正解じゃないんだけど、少しずつ粗があるところがことごとく咎められてしまうキツイ展開です。

2Rも引き続き「duaneさんの細かいミスがことごとくオーディンさんに味方する」展開です。
2R0:25と1:15のジャブ空振りが細かいところだけどミス。


間合いに入る前に牽制でジャブを置くスタミナの余裕はない場面です。
ボディ対応におけるスタミナ配分の基本は「常にストレートを打てるスタミナは残しておく」です。
R序盤のダッシュクリンチが早すぎる。1:20くらいまでは腹筋微後退ジャブで凌いでからクリンチにしないとその後捕まります。

クリンチ以降は腹筋がちょっと少ない。顔面蓄積を受け入れるべき場面です。オーディンさんのスタミナ的にアッパー打つと疲労蓄積なのでダッキングと腹筋を駆使して、顔面に一発受け入れてこのRを清算してもらうのが妥当だったと思います。
結果的にそれらがアダになって終盤後ろのスペースが無くなり、へロスト(これが唯一の明確なミス)に後出し食らってしまっています。

3R中盤のフェイントからのアッパー。


これはスタミナ消費を考えるとカウンターヒットしないと割に合わない一発です。直撃じゃ当てても損なくらい。
これで恐らくこの試合終わるまでストレートは打てなくなるので、ボディを打つ側がかなり楽になってしまいます。
しかしこれだけ優勢になったので、やはりオーディンさんはもっとフェイントを混ぜるべきでした。
この場面での基本的な考え方は「R終了時のゲージ状況がR開始時より好転していればよい」と「試合終了までに倒せれば良い」です。
ここで有効なのがBジャブフェイントで、一瞬ダックインして立つというアクションです。
相手が強打暴発してくれるのが一番ですが、無反応なら3回に1回くらい実弾を混ぜれば、それだけでR内の相手の回復量を上回るダメージを奪えるので、「R終了時のゲージ状況がR開始時より好転していればよい」という目的は十分に満たせるはずです。
他にはやっぱり腹筋防止のために顔面ジャブ撒いておくのも有効です。いくらでも時間はかけられる状況なので。

そして最大の山場、オーディンさんのBジャブにduaneさん渾身のフックが直撃します。


追撃のフック削りでダウン。ここでポイントなのが、フェイントからアッパーで奪った80ダメージの効果でダウン奪い切れたということです。
アッパー直撃のシーンは決してduaneさんのファインプレーではなかったと思います。しかしここまでの展開とは逆に、あの一打の効果がduaneさんに味方したといえます。
逆にいうと、あのアッパーのダメージを生かしてここで強打を当てるのが恐らく唯一の勝ち筋で、duaneさんの集中力が素晴らしかったといえます。

4R、実戦的には形勢は互角かもしれません。
ただし一発食らったら負けるオーディンさん側は、ズバリもっと時間をかけるべきでした。
Bジャブフェイントや顔面ジャブをもっと多用し、相手にストレートがないのでもう少し間合いを遠目に取って戦いたかったですね。
BジャブをR内に三発当てて、顔面ジャブを2発当てて相手の強打を一発空振りさせる。これを2R繰り返すだけではっきり優勢なゲージ状況にすることができます。
回復量の差を生かすためには時間をかけることがベストです。相手の時間には限りがあります。
結果的に最後のフックを食らう間合いに入ってしまいました。

とこんな感じでしょうか。
何かの参考になれば嬉しいです!



(無題) 投稿者:オーディン 投稿日:2018年 4月23日(月)02時32分

スパーを取り上げていただきありがとうございます!
duaneさんにフックを2発もらった際思わず「うおおお」と声が漏れてしまいました!

ビョークさんやUMEさんが仰るように防御の意識を顔面に分散させるべきだったと動画を見返して思いました。特に、ここはフェイントや実弾で顔面に意識を持っていくべきだったと思ったのが、

  • 3R序盤、警戒されている中でボディに行っていた
  • アッパー被弾後、相手はストレートが打てないほど拳ゲージを消費しているのに、ボディアタック一辺倒になっていた

の2点です。
3R序盤と攻める時間がたくさんあったので、最初からボディアタックを選択せずにフェイントを混ぜながら顔面とボディ、一発入ったほうをメインに攻めるべきだったと思いました。
アッパー被弾後は、ストレートが打てないほどゲージを消費していたので、ボディアタックからカウンター狙いに切り替えて、間合い・タイミングを変える必要があったとと思いました。

改善点として、

  • フェイントを混ぜて相手の意識を分散させる、スタミナ消費を少なくする
  • ガードを解除するタイミングやパンチを打つタイミングを変えて、攻めのリズムに変化を付ける、タイミングのずれをつくる

この2点ができれば、もっと効率的かつスピーディに攻められたのかなと思いました。

自分は攻め急ぐ傾向があるので、UMEさんやビョークさんが仰るようにもっと時間をかけて攻めることを覚えないといけないと思いました!
もっと粘り強く戦えるように頑張りたいと思います!



空位王座争奪 投稿者:オーディン 投稿日:2018年 4月23日(月)22時00分

duaneさん、五色さん、山田さんの4人がそろったのでボク街のトーナメントやらせていただきますー



結果 投稿者:オーディン 投稿日:2018年 4月23日(月)22時16分

結果ですーー


なんとか優勝することができました!
対戦していただいた皆様、ありがとうございました!

トーナメントの感想ですが、ツキがあったのがかなり大きいと思いました!
1回戦のduaneさんとの対戦。



序盤からボディアタックを試みるも崩すことができず6ラウンド目以降顔面狙いにシフトしています。ポイントでは一進一退の攻防でしたが、最後にフックを決めて勝利を収めました。

  • とにかく前に出て打ち合いをすること
  • 勝負所で強打を打ちきる勇気

この2つが、大事だなとこの試合を通して強く感じました

決勝戦は山田太郎さんとの対戦。



内容では完全に山田さんが勝っていましたが、最後ラッキーパンチで勝ちを収めました。
序盤でボディ蓄積を奪いましたが、そこからの山田さんの粘り、スパーの組み立てが非常にうまく攻めきることができませんでした。気が付けば、ポイントでも山田さんが優勢に!
最終ラウンドで、運よくへロストが入り逆転勝ちとなりましたがあそこで判定に持ち込まれていたら100%負けていました。
山田さんのフックを何度も食らっていたので、次からはフックをかいくぐりながら攻める方法を模索せねばと強く感じました!

しびれるようなスリルの中でスパーができて、本当に楽しかったです!!
対戦してくださった皆さま本当にありがとうございました!



(無題) 投稿者:duane 投稿日:2018年 4月23日(月)23時23分

ボク街王者決定トーナメントお疲れ様でした!

オーディンさん、第二期初代王者おめでとうございます~

トーナメント前に、UMEさんに解説して頂いた細かいミスの修正を意識して臨んだオーディンさんとの連戦。
負け越しでしたが、悪い癖が戦っている最中に自分の心のなかに出てくるのが感じられ、
そこを意思の力でコントロール出来た収穫のあるスパーでした。

この時の為にここまでの敗北があったのだ、と自分に言い聞かせて臨んだトーナメント戦。
しかし、そこはタイトルの掛かった試合。
普段通りの動きができず消極的になり、カウンターも狙えずに一発を入れる難しさをヒシヒシと感じるスパーで、
最後は相手の攻め気を感じられずに不用意にフェイントを打ち自滅となってしまいました。

結果、一回戦敗退でしたが、久々に緊張感のある戦いに身を投じられて楽しかったです。


3位決定戦 duane vs 五色七彩

山田さんと五色さんも相当強くなっているのが感じられて、今後が楽しみです。
ライバルが増えるのは嬉しいですね。

***

その後動画アップして戻り、UMEさんとスパー。
やはり圧倒的な力の差を感じましたが、強くなるためには研究と修練そして自己規律が必要なことを再確認。
この感覚を実ボクだけではなく実生活にも活かしていきたいと感じつつ、眠りにつきます。

2018年4月12日木曜日

実ボクでシャドーボクシング

運動不足 投稿者:山田太郎 投稿日:2018年 4月11日(水)16時13分

こんにちは新人の山田太郎です。道ではまだまだ桜が咲きそうにありません。

早速本題に入ります。

私はボクシングに関して何も知らないトーシロなんですが実ボクをプレイしていて興味が沸いてきました。
興味が沸いたといっても試合の一つも見てませんけどね。

そこでですね、難しい話かもしれませんがサンドバックさんがボクシング講座的な動画を作ってくれたら楽しそうだなぁと思いまして。私も十代の体を持て余していて、そんな本格的なものでなくて最終的に「素人が暇なときにシャドウボクシング出来る様になる」程度でいいので暇があればサンドバックさんにそんな動画を作って貰えたら嬉しいなぁといった話です。

もちろん無理なら無理といって貰って全然構いません。
長文失礼致しました。



実ボクで拳闘を! 投稿者:サンドバック 投稿日:2018年 4月12日(木)10時35分

ビデオで教えるというのが主流にならないのは、ボクシングという競技が選手の特性によって必要な指導が別物になるのが原因だと思います。

プラスになる事、マイナスになる事が紙一重なので、ビデオで一方通行に教えることができないのです。

そもそもビデオ作成は、無償でできるほど簡単な事ではありません。
(イラストレーターに無償で絵を依頼するのと同等)


個人的にはビデオ以上に「実ボクによる拳闘の伝達」が強力だと信じています。

タイミング、思考、疲れない範囲でのアクション選択。
実写でボクシングは、一般的な指導ビデオを超える価値があると信じています。

私はゲームとして以上に「拳闘」を実ボクに注ぎ込んできました。

その部分にとても意地があるので、実ボクだけで一定のスキルが身に付くと信じたいです。


が、前提として、せめて一試合でもいいのでボクシングを見てください(ダイジェストではダメです)。
恐らく「なぜ打たないんだ!」という疑問が山田さんなら沸くと思います。

そして、実際に「3分動く」という体験をすれば、「打てば打つほど普通の人間は弱くなる」という事を感じられると思います。

アクションを厳選して厳選して、やっと3分立ってられます。
(トップボクサーが10回戦12回戦やるのは本当に超人的です)




難しいことを考えずに、まず体を動かして汗をかきたいのであれば…

準備

・準備運動
・周囲の家具を片付ける
・前髪が目にかからないように

本番

①実ボクを起動、タイトル画面を出す
②「トレーニング」ボタンを押す
③「タイマー+声」ボタンを押す
④黒い服を着たヘッドギアの男をイメージしてゴングを待つ



3分+1分のラウンドタイマー、更に音声でボクサー(あなた)への指示を流した状態でシャドーボクシングができます。

シャドーボクシングは孤独にやっていると単調になってしまい、工夫だとか突飛な動きを想像する事を忘れてしまいます。

経験者の方でも、たまには実ボクのトレーニングモードでシャドーをすると新たな発見があるかもしれません。


シャドー中に張り切りすぎる初心者が確認すべきチェックポイントとしては…

・ラウンド終了ゴングが鳴った時に息があがっていないか
・常に集中力が切れるような疲れがないか

があります。

もしこれらに該当してしまう時は音声指示を無視してください。

疲れてしまっては絶対に実力を発揮できません。
大事な時にちゃんと動ける元気さを維持できるよう、安全な局面を作って自分だけ休めるかサボれるか、がとても重要です!

疲れてしまった新米練習生に熟練者がパンチを当てるのは容易です。
怪我しないようにどうやって当ててあげようかといった思いやりが必要なくらいです。

体作りが終わってスタミナがついた頃から、…自分のボクシングを追求!