2010年5月20日木曜日

リディックボウボクシング

一番大きな影響を受けたのは、リディックボウボクシングです。

リディックボウ、この実在する大男(196cm)の説明はしません。
(ボクサー、特に元王者が事件をおこすと悲しくなってしまう)

これは純粋なボクシングのゲームです(街角が舞台ではない!)。

特筆すべきは、人間が壊れていく、失っていく様の再現です。

打てば疲れるし、打たれればその部分に応じて傷つくし、
更には歳をとって白髪となり、着実に打たれ弱くなっていく…

疲れると当たるはずのコンビが当たらなくなったり、
避けられるはずのパンチが避けきれなくなったり…

刻一刻と変化していく様、このゲームが娯楽の追求というより、
ボクシングというスポーツの再現を目指しているのがわかります。

が、痛恨の極み!
ボクシングの花「カウンター」の存在がすっぽり抜け落ちている。

アッパーの空振りにここぞの右をガツン一撃!
直後にケロリとした相手が平気で向かってくる違和感。

単なる殴り合いを知的芸術にまで引き上げるあの輝き、
凝り性の制作者が知らなかったとは、私には到底思えない。

更には、ストレート。あるにはあるが、両腕ともジャブ。
まったく腰をひねらず手打ちするヘビー級にガッカリ。
(ま、そのメリットもあるにはあるけどさ…)


上半身だけで足運びを表示しないのは、絶対に正解だと思う!(アラがでない)
腰をひねらず腕だけが伸びるストレート。うぅ~、気持ち悪い! ビシッと打てよ!


右ストレートを軸に戦ってきた自分にとって、
この物足りなさは残念無念、とにかく悔しい。

最も体重が、最も気持ちが拳に宿る右。

鉛筆だって、箸だって、ボール投げだって…
子供の頃から自在に動いてくれた右。

右、これをどう相手に当てるか。いや、ただ当てるだけじゃない。

強がっているけれど本当は疲れやすい自分、数は限られている。

深く、できる限り深く、狙った末の全体重、渾身の正面衝突。
相手にとって意外そのもの、予想すら出来ぬ死角からの衝撃。

夜も眠れないほど考える価値がある、その瞬間。
自分のボクシングの全てといったっていい、その瞬間!!!

それがすっぽり 「ない」

(なぜだ~! なぜなんだ~っ!!)

自分でボクシングゲームを作る!という原点。
今ここに書いたことで、はっきりと自覚できました。

現実・自分のボクシング、仮想・ゲームのボクシング。
どうだっていいことなのかも知れないそのギャップ。

耐え難い違和感。
自分の一番得意なことが否定されたような気持ち。

…満足したい、ただそれだけ。
(きっと満足したときに終わるんだ)

ルーツオブ実ボク。とっくに忘れていた原点。
記したことで再確認できてよかった…!

0 件のコメント:

コメントを投稿