2014年8月14日木曜日

チャンピオンに義務を追加

実写でボクシングの王座に関する新しい決め事があります。
  • チャンピオンは、最後のタイトルマッチから1週間(+ロスタイム)以内にタイトルマッチを行う事とする。
  • 期限までにタイトルマッチ(もしくは通常のスパー)が一戦もできなかった場合、王座は剥奪となります。
  • 開発者がランキング表を確認した時点でのトップコンテンダーを新王者とします。
以上、よろしくお願いします。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

バージョン3.09+から、王座保有者が実ボクを起動した時・各スパーの開始時に上記取り決めを表示するようになりました。

日常で多忙な方も多いとは思いますが、チャンピオンになった方は、なるべくスパ天に顔を出し、挑戦権のあるユーザーと出会い、防衛戦をこなしていただきたいと願っています。

よろしくお願いします!


以下、チャンピオンに関する記述をマニュアルから抜粋いたしました。興味のある方はお読みください。


チャンピオン

ボクサーなら誰もが夢見る憧れの頂点、チャンピオンの座。
本来であれば頂点ですからひとつが望ましいのですが、スパー天国にはふたつの王座が用意されています。

チャンピオンに挑戦するためには、レベルランキングで一定の順位を獲得する必要があります。残念ながら、フリー版ユーザーにはタイトルへの挑戦権はありません。

通常のスパーに勝利すると月間ポイントを6p獲得しますが、タイトルマッチに勝利すると月間ポイントを150pも獲得できます。ちなみにドロー防衛では2pしか獲得できません。
王座戦ではまずベルトを守ること、さらに言えば勝つこと、が重要となるでしょう。

タイトルマッチにおいて挑戦者がタイトルを獲得できなかった場合、もしくは王者がタイトルを失ってしまった場合、その選手には精神的ダメージが残ってしまいます。

タイトルマッチ中に受けた蓄積ダメージの合計値から算出され、今後のスパーで勝利するたびに減少していきます。精神的ダメージが残っているうちはタイトルマッチに出場することができません。

顔面・ボディ・疲労、全てのゲージで酷い蓄積ダメージを負った場合、当分の間タイトルマッチに出場できなくなる可能性があります。逆にまったく蓄積ダメージを受けることなく判定負けした場合、精神ダメージが1の場合もあります(一勝すればタイトル再挑戦が可能)。

スパ天王座


スパ天で最も古く、権威のあるチャンピオンベルト。
タイトルマッチは12回戦で行われ、そのスパー中はダメージゲージが3本とも表示されません。
王者に挑戦するには、レベルランク10位以内・精神的ダメージ0 が条件です。フリー版では王座に挑戦できません。

ボク街王座


ボクシングサイト、ボクシングの街(ボク街)が提供しているチャンピオンベルト。
タイトルマッチは12回戦で行われ、そのスパー中は全ての判定結果が表示されません。
王者に挑戦するには、レベルランク16位以内・精神的ダメージ0 が条件です。フリー版では王座に挑戦できません。

精神的ダメージ

タイトルマッチに出場して王座を獲得できなかった選手が心に負ってしまう心理的なダメージ。

タイトルマッチで負った蓄積ダメージの合計から算出され、その後のスパーで勝つごとに減少します。全て解消させると、晴れて再びタイトルマッチのリングに上がることができます。

タイトルマッチでどんなに蓄積ダメージがを負ったとしても、ベルトを獲得(もしくは維持)できれば精神的ショックは受けません。(ドローで獲得できないと敗北同様にショックを受けます!)

大ダメージを負った状態で勝者予想を的中させたり、ボールゲームやストップゲームで一定以上の成績を残すと精神的ダメージは僅かに減少します。

0 件のコメント:

コメントを投稿