2016年6月10日金曜日

バージョンアップし続ける理由

自作ゲーム「実写でボクシング」を作り続けてもう12年。
そのバージョンアップ回数は 300を超えています。

これは異常な期間と回数だと思います。

フリーソフト作家で私以外にこんなに一つの作品を更新し続ける人を私は知らない。
なぜ私は新作を作る事もなく、実ボクばかりを作り続けるのだろうか…?

思うに…

①私自身が熱心な実ボクユーザーだから

単純に実ボクでネット対戦するのが大好きです。
ずっと理想のボクシングゲームで遊びたいと思っていたので、その願いが叶っています!

②ゲームの不備を改善したいから

改善できるのは世界中で私のみ!
改善できた時の達成感もまた私にとってゲーム的な嬉しさがあります。

③創作活動が好きだから

パソコンに命令を与えて実行させる、プログラミングの快感。
私とパソコンの関係は、決して裏切られない最高の主従関係です。

④皆さんが楽しんでくれるから

ユーザーの皆さんから感謝の言葉を頂いたりすると、本当にうれしいです。
そして、それ以上に強くなってライバルになってくれたりすると、最高です!

⑤スポンサーに支援していただけているから

NEOインターナショナル社から支援していただいております。
本来であれば対戦用サーバの運用により赤字となってしまうのですが、スポンサー様の支援により助けられています。
もし赤字のままであれば、こんなに長期に渡って実ボクを運営できなかったと思います。

⑥協力してくれる方がいるから

fight氏のデータ集計、マウス氏のサブサーバ運用、攻略サイトの執筆、頻繁に入室してくれるユーザー、200ダメージを超えてほしいと掲示板に書き込むと数分で200オーバーリプレイを作っちゃう方など…。
皆さんのおかげで実ボクの対戦を楽しむことができます!


これからも私は実写でボクシングを更新し続けると思います。
皆さん、よろしくお願いします!



0 件のコメント:

コメントを投稿